振り向けば死んだふり、ジム

「BIOHAZARD OUTBREAK」に登場するジム。陽気で気さくだけど、臆病というのは操作可能なキャラクターとしては珍しい設定でしたよね。おしゃべりで一言多いのが欠点なのですが、筆者もよく踏みます、その地雷・・・。

地下鉄職員の彼もまた「J'sBAR」でラクーン事件に遭遇。生存者と力を合わせて脱出行に臨みます!
臆病であまり腕っぷしも強くない彼が持つスキルは「死んだふり」。その名の通り死んだふりをしてその場をやり過ごすというヒーロー感ゼロのスキルでしたが、初めて見た時は「その手があったか!」と逆に感心しました。

また、パーソナルアイテムのコインを使ってクリティカル率を上げることができるなど、独自の立ち回りが必要だった印象が残っています。
しかし、一番印象的だったのは、ネットワークプレイ時における生存率の高さ。最後まで生き残っているのはジムである場合が多かったんですよね・・・。

はいずり状態になったキャラクターの横を死んだふりでしのいでいるジム。助け起こしてくれよ・・・。


このサイトは皆さんと一緒にバイオハザードの歴史を楽しんでいただくコンテンツです。
  • Facebook0
  • 保存2
  • コメント3

- この記事へのコメント

  • ジムばっかり使ってたなぁ..
    キャラが好きなのとコイントスでクリティカル上げて敵を吹っ飛ばすのが気持ちよくて
  • ぞんび 2017.01.14
  • 死亡フラグなんのその!って感じですよね。
  • 運営チーム 2017.01.06
  • 洋画なんかでも、陽気な黒人枠は最後までちゃっかり生き残ったりしますよねw
  • あちぶ 2017.01.05
検索
設定
表示言語
リンク

閉じる