トレヴァー家の悲しい運命

アークレイ研究所、通称「洋館」は「biohazard」の舞台として有名ですが、その洋館の設計・建築を担当したジョージ・トレヴァーは機密保持の保持のために幽閉され、家族である妻や娘のリサも巻き込まれてしまいます。

家族を待ち受ける運命については、ゲーム中に登場するファイルをご覧ください!

ただ徘徊している訳ではなく、母親の面影を探し求めているリサ、「死なない」のではなく、「死ねない」のでしょうね・・・。


このサイトは皆さんと一緒にバイオハザードの歴史を楽しんでいただくコンテンツです。
  • Facebook0
  • 保存4
  • コメント2

- この記事へのコメント

  • ある意味アンブレラの最大の被害者であるリサ。
    しかし、肉体自身はアンブレラの持つt-ウィルスに何故か適合。
    この矛盾が一層悲壮感を醸し出している。

    せめて洋館の爆発と共に安からに眠って欲しいキャラである。
  • 哲八 2015.02.22
  • ほんと可哀想なリサ。
    でも、あの姿は恐怖そのものだったし、知れば知るほど後味悪い釈然としない何かが残るね
  • ANICHI_I 2015.01.17
検索
設定
表示言語
リンク

閉じる