弾数の多いナイト登場!

ロドリゴの粋な計らいで自由の身となったクレア。先に進んだ彼女を待っていたのは、機関銃の連射(ちょっと撃ち過ぎ)という手荒い歓迎。

クレアの的確な反撃にあっさりと降参した射手こそが、後にクレアのナイトとなるスティーブ
「弾数の多いお調子者」という彼の性格がよく解るこの出会いのシーンは筆者のお気に入りシーンの一つです。

ちなみににあれだけ撃っておいて、「あやまったじゃねぇか」の一言で済まそうとするスティーブ。確かに島はゾンビだらけになっていたので、勘違いも仕方ないとは思うのですが・・・。


このサイトは皆さんと一緒にバイオハザードの歴史を楽しんでいただくコンテンツです。
  • Facebook0
  • 保存2
  • コメント1

- この記事へのコメント

  • このコメントはネタばれを含むため表示されません
  • emiriann@hero 2016.09.13
検索
設定
表示言語
リンク

閉じる