お知らせ
  • 5/12 運営記事に「始まりの夜」を追加しました。

新着記事

新着記事をもっと見る

記事」とは、「年表」や「用語事典」には取り上げられないようなバイオハザードのちょっとした小ネタを取り上げ、ユーザーと運営で作り上げていくコンテンツです。
記事」と「年表」を組み合わせることにより、様々な視点でバイオハザードの歴史を楽しむことができます!
閉じる

表示条件
  • 年代の古い順
  • 年代の新しい順
2013年07月
  • クリスとクリーチャー化したピアーズは激闘の末、ハオスを撃退。 しかし最期を悟ったピアーズは、脱出ポッドに1人クリスを無理やり押し込み、地上へ発射する。途中、ハオスに再襲来されるもののピアーズが阻止。 海底基地の爆発が始まり、運命をともにする
  • エイダは、カーラの研究所内に向かい、行っていた研究データや活動の痕跡をすべて破壊し尽くし、脱出。再び姿をくらます
  • ミサイルが空母から発射され、ターチィ市に打ち込まれる。ミサイル攻撃によって大量のガスが噴出。大規模なバイオハザードが起こる。 大混乱する市街地を目の当たりにするレオンクリスからエイダの死亡が告げられる
  • 大統領直轄のエージェント、レオンは、「ラクーンシティ壊滅事件」の真相を明らかにすべく、ベンフォード大統領に随伴。しかし、トールオークスで大規模なバイオテロに巻き込まれる。 多くの住民と大統領がウィルスに感染
2013年
  • 記憶を失ったクリスは、東欧の片隅で酒びたりの生活を送る。クリスと離れ離れになってしまったピアーズは、仲間とともにクリスの捜査に奔走
2011年02月
  • 東スラブ共和国は降伏し、アメリカとロシアを中心とした暫定政府が設置される。ベリコバは大統領を辞任。前政権を支えた企業体が解体される
  • 大統領府の混乱に乗じ、侵攻の機会をうかがっていたアメリカ軍とロシア軍が東スラブ共和国に攻撃を開始する
  • 捕らわれていたエイダが脱出。同じころに潜入したレオンとともに、大統領府の地下にあるプラーガの培養施設を発見する
  • B.O.W.(生物兵器)の襲撃により、反政府ゲリラの拠点であった教会が陥落。感染したJDは装備をレオンに託し、死亡
  • レオンは反政府ゲリラの拠点である教会で再び捕らわれる
  • B.O.W.(生物兵器)が内戦に使用されているという情報を得て、合衆国大統領直属の特務機関に所属するレオンが派遣されるが、東スラブ共和国に到着してすぐに退去の命令が届く。レオンは命令を無視。現地に留まる
  • アメリカ合衆国政府と東スラブ共和国が決別。大使館員を含め、アメリカ人は全員国外退去
  • BSAAのアドバイザーであるバリーは、行方不明になった愛娘モイラを探すため、単身孤島へと乗り込む
2010年11月
  • 東スラブ内の戦場で「モンスターを見た」という噂が流れる
  • 東スラブ共和国で休戦中であった独立派の自治区内に地下資源が確認され、政府は対テロ戦と称して武力進攻を再開。徹底抗戦を掲げる独立派は過激化
  • ジル生存の情報を入手したクリスが、BSAA西部アフリカ支部の作戦にバックアップとして参加
2006年11月
  • BSAAによるジルの捜索が打ち切られる。ジルの死亡が公式に認定され、遺体のない墓が建てられる
  • エアドームがシステムによって滅菌処理。研究施設も崩壊
  • アメリカ陸軍伝染病医学研究所「ユーサムリッド」がテロに使用されたウィルスを特定。政府がウィルファーマの「t-ワクチン」を手配するが、ワクチンを載せた輸送トラックがテロにより破壊される
2005年08月
  • テラグリジア・パニック」発生にFBC長官モルガンの関与を裏付ける証拠を入手。証拠を元に、モルガンを逮捕。同事件を受け、BSAAの組織改編の機運が高まり、国連直轄の対バイオテロ部隊として生まれ変わる
  • キースクエントの情報収集の結果、第三の豪華客船「クイーン・ディード」の存在が判明
2004年
2004年
  • レオンが救出したアシュリーとともにジェットスキーで孤島から脱出。孤島の施設が消滅
  • トライセルが理事を務める製薬企業連盟が、対バイオテロ部隊「BSAA」を設立
2003年
2003年02月
2002年
  • 任務終了後、クラウザーは負傷した左腕の傷が回復せずに米軍を除籍。後にウェスカーと接触し、彼の組織に加わる
  • 南米で少女の失踪事件が多発
2001年
1998年11月
1998年10月
  • ウィルスがネズミを媒介に流出、ラクーンシティ全域にバイオハザード発生。市街地では「人食い病」が多発。事件が報道される
1998年08月
  • ブラヴォーチーム捜索のため、S.T.A.R.S.アルファチームが出動。洋館へと辿りつく
1998年05月
  • ケルベロスによる最初の犠牲者。20歳前後の女性のバラバラ死体が発見される
1996年05月
  • アンブレラ専用の産業廃棄物処理場に、処理許容量を大幅に上回る廃棄物が蓄積。未処理の汚染物質が流出
1996年
1994年
1993年12月
1991年12月
  • ソ連崩壊
1991年02月
  • ヒルダの体内のウィルスが暴走しクリーチャー化。周囲にはヒルダ死亡を伝える
1991年
1988年
1987年
1983年12月
  • アレクシアが「t-Veronica」を自分に投与。15年間のコールドスリープに入る。公には感染事故死と発表
1982年03月
1981年07月
1980年代
1978年07月
1978年01月
1977年12月
1969年11月
1969年06月
1969年02月
1968年08月
1968年07月
1968年
1967年03月
1966年12月
1962年
1960年代
1900年代
1800年代
検索
設定
表示言語
リンク

閉じる