手当ても任せろ!

「BIOHAZARD 6」のクリス編におけるイドニアでの高架橋の激闘中、フィンは負傷したBSAA隊員の治療を申し出ます。衛生兵の役割も担うとはさすがフィン。本当に何でもできるんですね。

そして、その後はクリスの見せ場。「部下を見捨てて逃げるような 真似はしないさ」」とフィンが負傷した隊員とともに戻るまで、退路を確保。二人ともカッコいいところを見せつけてくれます。

ちなみに二人が合流するにはハシゴを登る必要があったのですが、フル装備の隊員(多分、100キロ近くはある)を担いだということは、ああ見えてフィンは相当な力の持ち主でもあると考えられます。

加えて「引きずってでも 連れて来い!」という隊長の無茶ぶり。アルファはいいチームです。


このサイトは皆さんと一緒にバイオハザードの歴史を楽しんでいただくコンテンツです。
  • Facebook0
  • 保存1
  • コメント0

- この記事へのコメント

コメントがありません

検索
設定
表示言語
リンク

閉じる