用語事典

ラ行」からはじまるバイオハザード用語

ラモン・サラザール

【biohazard 4】
アシュリー捜索の対象となった地域を代々統治してきたサラザール家の8代目当主。背格好は10歳前後の子供とさほど変わらないのに対し、シワの深く刻まれた顔つきやしわがれた声は老人そのものだが、実年齢20歳。

家族を持たない孤独をロス・イルミナドス教団の教祖オズムンド・サドラーに付け入られたラモンは、領民たちを守るべくロス・イルミナドス教団を弾圧してきた先代たちの意思に背き、サラザール城に封印されていた寄生体「プラーガ」を解放してしまう。サドラーに心酔したラモンの協力によって教団の力は領内に広まり、やがてすべての村人が信徒となった。なお、自らも支配主プラーガを体内に受け入れており、最後はプラーガの母体に取り込まれ、巨大クリーチャー化する。

検索
設定
表示言語
リンク

閉じる