用語事典

ア行」からはじまるバイオハザード用語

アルバート・ウェスカー

【biohazard】
S.T.A.R.S.の隊長にして、アルファチームのリーダー。いかなる状況でもミスを犯さない完全主義者で一目置かれた存在。
威厳と風格に満ちたその容姿は冷徹そのもので、更にトレードマークの真っ黒なサングラスが近寄りがたい印象を与えている。制服の上にはタクティカルベストを着用。レッグホルスターにマウントしているのは、自分用にカスタマイズしたサムライエッジ。エースのクリス・レッドフィールドに迫る射撃技術を誇る。

しかし真の目的は、アンブレラから謀報活動の命を受け、アークレイ山中の洋館で隊員たちをB.O.W.(生物兵器)の実験台にし、データ収集する事であった。 B.O.W.タイラントに殺害されたウェスカーだが、実は自ら投与したウィルスで蘇生する。

身長:183cm。体重:84.5kg。血液型:O。年齢38歳(1998年当時/biohazard)

【BIOHAZARD CODE:Veronica】
アレクシア・アシュフォードが独自に開発したウィルス「t-Veronica」を入手するために、秘密組織の特殊部隊を率いてロックフォート島を襲い、島を混乱に陥れる。
その後、アレクシアが南極にいることを知ったウェスカーは南極へ向かい、ついにt-Velonicaを奪取に成功。そしてクレアを助けにきた因縁のクリスと再会し、超人的な能力で圧倒する。

【BIOHAZARD UMBRELLA CHRONICLES】
ウェスカーは、ウィルス投与によって得た常人離れしたパワーを武器に アンブレラ幹部セルゲイが、ラクーンシティから持ち去ったアンブレラの全研究データを奪うべく、ロシアの地に降り立つ。
アンブレラ・ロシア支部に関する情報をクリスたちに流し、陽動として利用する一方で、目的の全研究データが収められているスーパーコンピューター「U.M.F.-013」を目指し奪取に成功する。そして自らの手でアンブレラを終焉させた。

【バイオハザード 5】
世界各地で起きているウィルス強奪やB.O.W.(生物兵器)に関する事件に関与している黒幕。製薬部門を持つ企業トライセルとその重役であるエクセラを利用して意のままに操り、「ウロボロス計画」を実行するべく、アフリカに姿を現わす。

細胞組織の根本から組み替えられた肉体は超人的パワーと不死身の強度を備える。更に反射神経(敏捷度)は、至近距離で放たれた銃弾も難なく避ける。ロケットランチャーから発射されたミサイルさえつかみ取ることが可能。
ただし、その生体生命を維持する為には、定期的に「PG67A/W」という薬品を適量摂取する必要がある。

アンブレラ時代からスペンサーの悲願であった「始祖ウィルスによる新人類の創出」を自らの役割として引き継いでいる。2006年にスペンサー邸でクリスジルと遭遇した際には、超人的な力で2人を圧倒し、クリスをかばって谷底に転落したジル拉致。2009年、ウロボロス計画を実行を試みるが失敗に終わり、自らウロボロス・ウィルスを取り込み暴走状態と化す。

身長:190cm。体重:90kg。血液型:O。年齢48歳(2009年当時/BIOHAZARD 5)。

検索
設定
表示言語
リンク

閉じる